人間関係や職場環境が原因で仕事が辞めたい!!そんなあなたへ

堺・大阪介護求人サポートTOP › お役立ち情報 › 人間関係や職場環境が原因で仕事が辞めたい!!そんなあなたへ

■介護職の離職率は16.7%


平成28年度「介護労働実態調査」の結果によると、介護の離職率は16.7%となっており、5~6人に1人が離職している状況です。中でも、離職理由の1位は、「職場の人間関係」2位以下は「結婚・出産・育児など」「職場の理念や方針への不満」「給料の少なさ」と続きます。人間関係も含めてすべて職場環境や運営体制に少し問題があるとも言える結果となっています。

 

■人間関係や職場環境の現状とは?


人間関係に関する問題点としては以下のようなことが挙げられます。

・同じ部署に同じ人が長くとどまっている
→人員不足もあり、中々人事異動ができない
 ・高圧的な態度をとる人がいる
→キャリアやスキル、資格などで指示する、される側での受け取り方の誤差が出る
・コミュニケーションが苦手な人が多い
→学歴、職歴、経歴、年齢など関係なく誰もが働けるため、コミュニケーションスキルに自信の人の入職も多い
・コミュニケーション
→万年、人員不足が続く介護業界なので、スタッフ間でのコミュニケーションにかける時間が取れない
・気遣いができていない
→忙しい介護職での毎日の中、心の余裕が持てず周りの状況まで把握、気遣いできるゆとりがない

職場環境に関する問題点としては以下のようなことが挙げられます。

・現場に任せっきりになっている
→現場と管理者、管理者と本部など現場の状況を全体で把握できていない
・現場への気遣いができていない
→職員のねぎらいの言葉やお礼などが日常的に交わされていない
・キャリアプランを明示できていない
→資格、スキル、勤続年数、地位、給与など目指すものがきちんと明示されず、向上心を得られない
 ・原因がわかっていて対策ができない
→すぐに解決したくても、人員不足、資金不足などの問題で行動にうつせない

 

■仕事が辞めたい!と思ったときにまずすることとは?


誰でも、一度は「辞めたい!」と思ったことがあるのではないでしょうか?
でも、すぐに辞めるのはちょった待ってください。人間関係でも、職場環境でも、給料が少なくてもまずは、「辞めたい原因を自分自身で理解すること」が必要です。

辞めたい理由
・給料→評価のタイミングで交渉してみる
・スキルアップ→今の職場でスキルアップはできないか、部署異動できないか
・人間関係→部署異動はできないか、自分自身の反省点・改善点はないか
・職場環境→チームで改善できないか、部署異動はできないか
・結婚、出産、介護など→両立できないか相談してみる

上記の中で、1つの場合も2つ以上の場合もあるかと思います。ですが、辞めたい順位をつけてみる必要があります。
例えば、人間関係の何が嫌で、どう改善努力をしたかなどを自分自身を分析し、次の職場ではどう生かすか、どうなっていきたいかなど明確にしなくてはなりません。明確にできていない状況では、転職し職場が変わることで嫌なことがリセットされるという思い込みにより、視野が狭くなってしまう傾向が多いため、転職に失敗することにもなりかねないのです。

転職した先でも、良い人間関係が築ける保障はありませんし、自分の反省もなければ、また次に活かせることができません。ですので、まずは辞めたい理由を自分自身で明確にすることを意識して今の状況を振り返ってみてください。

 

■逃げる転職は成功しない!
円満退職はできてこそ、転職は成功するのです!


嫌で逃げるように転職を決め、すぐに他を探して入社という中では、やはり自分に合ったお仕事探しはできません。
転職に成功する秘訣は、前の職場でも残ってほしい人材になれるぐらい円満に退職できるかです。ですので、転職しようと決めて1ヶ月などではなく、転職を決めてから2~3ヶ月かけて退職まで、今の職場での引継ぎや、新しい職場への準備を始めましょう。

 

……それでも転職やお仕事探しに迷った方は↓↓

堺・大阪介護求人サポート
キャリアアドバイザーにお任せください♪

TEL:0120-770-351