転職面接のありがちNG

堺・大阪介護求人サポートTOP › お役立ち情報 › 転職面接のありがちNG

転職活動で合否を左右するポイントの一つとなる「面接」。本番でうまく答えられず、あたふたしてしまった……という経験がある人は多いでしょう。そこで、面接で起こりがちな失敗を未然に防ぐため、必ず聞かれるであろう項目について事前準備をしっかりと行いましょう!


面接当日話す内容をいろいろと考えていたのに緊張でうまくしゃべれなかった…

面接では“うまく”話せなくてもいい!
想定回答を何度も口に出して自然に話せるように練習しましょう!

緊張してしまうのは、うまくしゃべろうとするから。面接官は流ちょうなトークを求めていないので、“うまく”は取っ払いましょう。言葉のうまさではなく、実直に思いを伝える姿勢を見られています。また、模範解答を丸暗記して、一字一句間違えずに話そうとすると言葉は不自然になり、面接官の心にも響きません。

面接のポイントは、自分の言葉で自分の強みを伝えることです。


志望動機について深く質問されたとたん、
しどろもどろになってしまいうまく答えられなかった

志望動機は「なぜその会社に入りたいと思ったか」を伝えるもの。そのポイントが明確になっていないと、回答に一貫性がなくなってしまいます。業務内容や職場環境で好感を抱いている部分が他社にはないものだと、面接官に思いが伝わりやすくなります。その会社ならではのものでなければ、「他社でもいいんじゃない?」と思われてしまっても仕方ありません。

企業理念や方針を調べ共感できる部分を大いにアピールし、志望動機に組み込みましょう。


転職理由について考えていたことを話したのに面接官と会話が噛み合わなかった。

退職理由はネガティブなものが多く、端的に話しづらいため、ポジティブな志望動機と混同させがちです。また、転職理由と志望動機が、こんがらがってしまう人も多いです。ただし、そのままでは質問と回答がちぐはぐで、面接官に「理解力がない人だ」と思われてしまいます。

面接を受ける前に、退職理由・転職理由・志望動機、それぞれを明確にしましょう。例えば「スキルが活かせる職場にいきたい」ということを退職理由・転職理由・志望動機に分解すると、退職理由は「持っているスキルと配属先がマッチしていなかったから」、転職理由は「自分のスキルをより生かせる職場で働きたいから」、志望動機は「個々のスキルを最大限生かそうとしている職場環境に感銘を受けたから」というように、異なる要素だということに気付くはず。

部分的に重なる場合もありますが、3つがまったく同じということはありえません。


転職について色々考えていると、「どうやって会社探しをしたらいいのか」「どんな会社なのか事前に知りたい」

「面接対策をしっかり出来るか不安だ」など悩むことが多いですよね。

そんな時に力になれるのが人材紹介会社です!

堺・大阪介護求人サポートでは、現場経験のあるキャリアアドバイザーがあなたのお悩みをお伺いします!
守秘義務もしっかり守られているので安心ですよ!!

お気軽にご相談ください(^^)♪


▼お問い合わせ先▼ 堺・大阪介護求人サポート

電話 0120-770-351

まずは相談したい方・LINEで気軽に聞いてみたい方はこちら↓
https://sakai-osaka-kaigo.com/lp