【特別養護老人ホームとは?】~介護施設についてのご紹介~

堺・大阪介護求人サポートTOP › お役立ち情報 › 【特別養護老人ホームとは?】~介護施設についてのご紹介~

介護施設と言っても、「特別養護老人ホーム」「介護老人保健施設」「グループホーム」「介護付有料老人ホーム」「サービス付有料老人ホーム」「訪問介護」「小規模多機能ホーム」「デイサービス」など種類はたくさんあります。

今回はそのなかで”特別養護老人ホーム”(通称:特養)についてご紹介したいと思います。

 

 


★特養とはどんなところ??★

特養は公的な施設で、経営は地方自治体か社会福祉法人に限られています。公的な保険制度が受けられるので、民間運営の有料老人ホームに比べ利用者の金銭的な負担が少ないため、施設への入所を考えてる方から人気です。なお、特養は基本的に要介護3以上の人しか入所できないので、自宅での生活が困難な状態での利用者様が多いです。入所条件が厳しく、周りに介護をできる方がいるかどうかも入所の条件として重視されます。病院や老健とは異なり、退院や退所をする必要がないので「終の棲家」として入所する人も多いです。

最近では、ユニット(10名)型の施設が多くアットホームな施設が多いです。

 


★特養での仕事内容とは??★

利用者は施設で生活されているので、24時間365日でご利用者様の生活のサポートをします。夜勤での勤務もあります。

・食事の補助・・・ご利用者様の心身の状況に応じた食事(きざみ食、ミキサー食など)を適切な時間に提供します。自立支援のためにできるだけ離床して、可能な限りご自身で食事をとれるようにサポートします。

・入浴の補助・・・寝たきりのかたでも機械槽などを使用して、入浴します。入浴ができないときは、清拭をして身体の清潔を保ちます。

・排泄の補助・・・トイレの誘導やおむつ交換などをします。できる限りご自身でできるように、自立支援のサポートをします。

・健康管理・・・血圧や体温測定、食事量の把握や皮膚状態の確認などの利用者の健康状態の管理を医師や看護師と連携して行います。

・身体機能の維持や回復のサポート・・・リハビリを目的とした体操やレクリエーション活動の提供や提案をします。利用者が楽しく過ごしてもらえるように季節ごとのイベントを計画したり、外出の機会を設けたりします。

・利用者のご家族への連絡・・・家族に施設での利用者の状況を伝えたり、必要な持ち物の連絡をしたりする業務があります。

・看取り・・・長期入所で終の棲家として過ごす方も多く、ストレスや苦痛を緩和することを目的とし、最期までその人らしくいられるための介護です。

 


★どんな方に向いているのか★

・高収入を目指したい方・・・特養で働く方の平均給料は、常勤の方が30万2680円、非常勤の方が16万7400円です。ホームヘルパーの場合、平均給料は常勤の人で26万4680円、非常勤の人で15万3570円ですので、他の介護施設事業にくらべると一般的に高収入だと言われています。

 

・スキルアップを目指したい方・・・特養では要介護度の高い入居者が多く、特養で働いていると介護のプロになれるといわれるほど、他分野にわたっての知識が身につきます。寝たきりの人や、認知症の人、麻痺がある人など、さまざまな利用者がいるので介護技術はもちろん、利用者との関わり方を学ぶこともできます。

 

・相手の立場から物事を考え、行動できる人・・・要介護度が高くうまく話せない人や、言いたいことをうまく伝えられない人などが入所されており、表情やしぐさから相手が何をして欲しがっているのか察する力か重要となります。利用者に寄り添って介護したいという方におすすめです。

 


 

転職するのにあたり、施設の特徴や違いを知ることは大切なことだと思います。

堺・大阪介護求人サポートでは”特別養護老人ホーム”以外にも多数の施設様への求人をご紹介しています!!!

転職に関するご相談・ご質問などお気軽にお問い合わせください(^^)♪

 

 

▼お問い合わせ先▼ 堺・大阪介護求人サポート

電話 0120-770-351

まずは相談したい方・LINEで気軽に聞いてみたい方はこちら↓
https://sakai-osaka-kaigo.com/lp