社員満足度の高い職場探し

堺・大阪介護求人サポートTOP › お役立ち情報 › 社員満足度の高い職場探し

福利厚生が充実?

介護職に就くメリットの1つとして福利厚生がしっかりしていると挙げられることがあります。

では、どのような福利厚生があるのでしょうか。

法定内福利厚生

・厚生年金保険   ・健康保険

・介護保険     ・雇用保険  等

法定外福利厚生

・住宅手当、家賃補助

・家族手当

・交通費

・ライフサポート     等

法定外には、手当や福利厚生サービスなどがあり家賃の一部を支給してくれるものや、社員食堂を利用した食事の補助など法人によって種類が多数あります。

介護職で福利厚生がしっかりしている、充実している、とよく言われているのはこの法定外福利厚生のボリュームが多い為です。独自の制度を設けている法人が多く、珍しいものもあります。

例えば、、

交通費補助は多くの企業が実施している福利厚生で、通勤にかかる費用を企業が一部、または全額負担してくれるというようなものです。珍しいものには、会社の近くに住居を構えた職員に交通費削減に貢献したと特別手当を支給するものがありました。

他にも、リフレッシュ休暇といって休日がとりにくいといわれる介護職員の為に長期休暇を取りやすくするための福利厚生や、そういった休暇が不要な方には多く働いた分の特別手当の支給を行っているなど、働く職員に寄り添った福利厚生を考えられている法人が多くあります。

 

介護職員処遇改善加算とは?

高齢化社会において、介護職員の人手不足は問題視されているので、政府が主導して行っている介護職の体質改善制度もあります。

内容としては、介護職員の労働環境改善や介護職員のキャリアアップなどを行っている事業所に対し、政府が補助金を給付するといった制度です。これを介護職員処遇改善加算といいます。

政府から事業所に一括で給付されるので、事業所から介護職員に支給されるという仕組みになっています。支給の基準については事業所が決めることになっており、全員一律で加算する、非常勤より常勤を優遇する、勤続年数に比例するなど事業所によって支給の配分は様々です。

介護職の転職を検討の際は、長く快適に働ける環境を見据えて、基本給だけでなく福利厚生の充実具合も重要な検討材料になるかと思います。